安全安心な構造のこと

見た目も大切ですが、見えないけれど大切なところ。
"F-STYLE HOUSE" 藤原建設では、施工方法や構造材にこだわり、「家族が安心して暮らせる家づくり」を行っています。


基本寸法基礎防腐防蟻4寸角柱剛床

耐震金物断熱屋根サッシ下地材


ゆったり「メーターモジュール」
モジュール
1,000mmモジュールで設計します。

6畳間で比べると、910mmモジュールよりも約2割広くなり、ゆったり空間を実現できます。
条件等により、910mmモジュールへの変更も可能です。


地震に強い「ベタ基礎」
基礎
基礎は住まいでもっとも重要なもの。
すべての建物を構造計算し、敷地に応じて設計しています。

当社では、地震に強いとされるベタ基礎をを採用しています。
・1階床下全面に施されたコンクリート面全体で建物を支えます。
・地震や台風の衝撃を効果的に地盤に逃がします。
・地中からの湿気を防ぎます。
・不同沈下を防ぎます。


天然素材の「防腐防蟻剤」
防腐防蟻
建物土台と、柱・間柱・筋違は基礎天端から1000mm以上の部分に塗布します。

使用しているのは、従来の床下防蟻剤と違い、木質系の天然素材と微粉末木質炭素、天然鉱石を配合して開発された製品です。
薬剤を一切使用しておりませんので、無毒性で人体に安全な製品です。
シロアリ対策・防腐効果はもちろん、消臭・調湿効果にもすぐれ、快適で癒された空間を実現します。


頼れる「4寸角柱」
4寸角柱
構造材である柱は、すべて4寸角(120mm)柱を使用しています。

1本の木から1本しか取れない芯持ち材は垂直荷重に強く、
建築基準法で定められた3.5寸角(105mm)よりも、断面積で約1.3倍大きな柱を使用することで、地震に強い構造体をつくります。


耐震性に優れた「剛床床組工法」
剛床床組工法
床組に根太を用いず、十分に厚い(一般的には24mm厚以上)合板を大引に直接固定して床下地とする工法で、地震や台風時に発生する水平力に対して強い造りです。

家屋のねじれを防止し耐震性や耐風性に優れた効果を発揮します。また、床を厚くすることでたわみが減少し、床鳴りが発生しにくくなると同時に、耐火性能も上がります。


耐震補強のための「耐震金物」
耐震金物
柱や筋交などの接合部を強くするために用います。
土台と柱、柱と柱、梁と柱、垂木と桁などが地震の揺れで抜けるのを防ぐことが目的で、震度7クラスの地震でも倒壊しないことを目的に使用し、より強固な住まいをつくるためには欠かせない部品です。


年間を通して過ごしやすくするための「断熱材」
断熱材
“夏涼しく冬暖かい”住まいの実現に欠かすことができないのが断熱材で、その重要性は年々高くなってきています。
断熱性を高めることは、暖冷房による消費エネルギーの削減となり、環境にも家計にも優しくなります。また、建物内のでの急激な温度差を低くすることで、「ヒートショック」の予防にもつながります。

高性能の断熱材を使用しても、隙間なく正しく施工されなければ断熱性能は低下してしまいます。


防災仕様軽量瓦「屋根」
屋根瓦
地震・台風・大雨に強い防災平板瓦

耐風、耐震、耐久、防水、施工の5大性能を実現した安心の防災瓦。
いつまでも安心して暮らせる住まいには信頼できる瓦の存在が欠かせません。


最高水準の断熱性能「サッシ」
サッシ
優れた断熱性能を誇るアルミ&樹脂のハイブリッド構造サッシ。
一般複層ガラスの約1.5倍の断熱効果を発揮する、Low-E(遮熱高断熱型・高断熱型)高性能ガラスを標準装備。

熱の流出・流入が最も多いのが窓です。窓をしっかり断熱することで、冷暖房の効率を想像以上に高めることができます。
また、遮音性にも優れており、外からの音の侵入や室内からの外への音漏れも抑えます。


ホルムアルデヒド吸収分解「せっこうボード」
せっこうボード
せっこうボードの優れた性能を保持したまま、「シックハウス症候群」の原因となっているホルムアルデヒドを吸収し、さらに分解します。

・住宅や家具などから発生する有害物質ホルムアルデヒドを、短時間で吸収分解します。
・ホルムアルデヒドを化学的に吸収分解するので再放出しません。

空気清浄機やエアコンと違い、ランニングコストやメンテナンスの必要がなく、お部屋の空気をきれいな状態に保ちます。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント