性能

kodawari_02

未来を見据え、省エネルギー性と室内環境の質が両立する家づくりを。人に負担のかかる夏・冬にその機能を十分に発揮し、暑さ・寒さから守ってくれる理想的な住まいをご提案します。


高気密・高断熱
国の省エネ基準において、各住戸に対して地域区分に応じた基準値が定められており、それを下回ることが求められています。

また、先進国では室温の規制がありますが、国の室温の基準はないため、民間団体有識者によるHEAT20 という基準が策定されています。

" 省エネルギー" と" 室内温熱環境" の質の観点から、より快適で健康な住まいを目指し「根拠ある外皮目標値」として、国の基準以上の断熱性能推奨グレードが提案されています。

当社では、国基準では東北地方(3地域)以北における基準値、HEAT20 ではG2 を満たす基準値を目指しており、高い断熱性能にすることで冷暖房費用の削減にもつながります。

kodawari_02_1


気密測定
冬に窓から入るすきま風。ほとんどの方が経験されたことがあると思います。部屋を暖めても、家の中に無駄な隙間があると大量の熱がそこから逃げていってしまいます。

隙間を出来るだけなくしておいて、人為的に換気をコントロールする。これが気密の役割です。

高気密住宅では温めた空気、冷やした空気が逃げず、冷暖房の運転時間が少なく済むので光熱費をおさえることができます。

当社では確かな気密性能をお届けするため、1棟ごとに工事の中間と完了時に「気密測定」を行い、「C値=0.9以下」を自社基準に設定しています。

  • kodawari_02_2中間気密測定
  • kodawari_02_3完了気密測定

長期優良住宅 長期優良住宅とは、国が定めた認定制度をクリアし行政の認定を受けた住宅です。
空き家や解体される住宅を減らし、長く大切に使っていけるよう、長期にわたって良好な状態で住める高品質の住宅の建築が必要となっています。
F-STYLE HOUSE では、住む人たちのことを考え、永く快適に住み続けられる家づくりをしたいという想いから、
長期優良住宅を標準化しております。

耐震等級3 地震の多い日本において、家の耐震性能も抑えておくべき重要なポイントです。
F-STYLE HOUSE では防災拠点となる警察署や消防署と同等の耐震性能を有した「耐震等級3」の家づくりを行っております。

kodawari_02_4

メニュー

お問合せ・資料請求

bnr_contact

お電話でのお問い合わせ 0120-809-888 〈営業時間〉9:00~18:00
〈定休日〉水・日・祝
資料請求・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

PageTop